時代は流れる

こんにちは。

全世界で大ブームとなったTwitter。しかし、そのユーザー数は3億人から伸び悩んでいると言われています。その原因として、インスタグラムやYouTubeなどの競合にユーザーを奪われている、ということが挙げられています。

そんなTwitterの停滞を横目に、中国のライバルである「ウェイボー(微博)」が急成長しています。TwitterのMAU(マンスリーアクティブユーザー)は3億2800万人であるのに対して、ウェイボーのMAUは3億4000万人と、Twitterを超える数値となっています。ウェイボーは一体、どのように急成長をしているのでしょうか。

まずは、ウェイボーの動画も含んだリッチなコンテンツが理由として挙げられます。Twitterのサービスがここ数年大きく変化していないのに対して、ウェイボーはTwitter、ピンタレスト、タンブラーを組み合わせたようなマルチメディアへと躍進しました。またウェイボーはYouTubeのように数百もの動画制作者と協力してスポーツやエンターテイメント、教育や料理など多岐にわたるコンテンツを配信しています。更に、中国国営テレビであるCCTVとも提携し、絶大な人気を誇る中国の紅白歌合戦「春節聯歓晩会」の編集版も配信しています。そしてウェイボーはアルゴリズムによってユーザーが離れてしまうことを防いでいます。ユーザーのクリック履歴などを解析し、個人にあったオススメのコンテンツを提案することによりエンゲージメントを高め、アプリ滞在時間を引き延ばす取り組みを行なっています。また、ウェイボーには競合がいないということも強みの一つでしょう。中国ではグレートファイアウォールと呼ばれるネット規制によりTwitterなどの使用が禁止されています。

さて、中国のウェイボーが需要を伸ばしている理由を紹介しました。やはり時代は様々な流行を経て、どんどんと進んで行くようです。今、おもちゃ業界で大ブームになっているのがハンドスピナーです。欧米から人気に火がつき、いよいよハンドスピナーは日本にも進出してきました。

ついに私の友人にもハンドスピナーを持ち歩く人が現れました。日本で大ブームが巻き起こる日もそう遠くないかもしれません。流行に乗り遅れないように、今のうちからハンドスピナーを手に入れてみてはいかがでしょうか。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


総合ランキング ベスト3