名古屋城天守閣木造復古の計画はどうなるのか

こんにちは。名古屋城天守閣の木造復古に向けて、石垣の保存に関することが議題に上がっていますね。名古屋城の石垣は、国の特別史跡に指定されています。名古屋市の現在の計画では2022年12月までに名古屋城天守閣を木造復古し、その後に石垣の修理や保全の措置を講じることになっています。しかし専門家は名古屋市に「現在の行程は文化財保護の観点から成り立たない」と計画を見直すよう求めました。これまでの調査によって石垣の内部には戦争で天守閣が焼失した後にコンクリートで固めた部分があることがわかっています。23日の会議では有識者から「天守閣を先に木造復元し、石垣を後から復元するというのは文化財保護の観点から成り立たない」という意見が数多く寄せられました。

特別史跡とは、文化財保護法第109条第2項の規定によって文部科学大臣が定める史跡のうちでも特に重要な史跡のことを言います。名古屋城の石垣の他には広島の厳島や京都の鹿苑寺(金閣寺)庭園などが特別史跡として指定されています。今回の専門家の意見を受けても名古屋市はその計画を変更することはせず、あくまで2022年12月の天守閣木造復古を目指すとのこと。今後の動向に注目が寄せられます。

さて、話は変わり今日もハンドスピナーの話題です。

ハンドスピナーにはその素材や色、形など様々なものがありますが、画像のようにまるで一つの歯車のような形をしたものもあります。3枚羽の製品が一般的な中、ある意味で奇抜な形と言えるでしょう。中心部分が金色であるのに対し、周囲の羽部分が赤色と豪華絢爛な印象です。ハンドスピナーにはこういった鮮やかなものも豊富です。

日本ハンドスピナークラブで取り扱う商品は全て一定の規定をクリアしたものばかりです。ビジュアルも、回転時間などの品質も、どちらも満足のいく最高の製品を取り揃えていますので、ぜひ日本ハンドスピナークラブであなたにぴったりのハンドスピナーを見つけてください。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


総合ランキング ベスト3