一度回すとやめられない!?話題沸騰「ハンドスピナー」

あなたは今世界で話題沸騰中の玩具「ハンドスピナー」をご存知でしょうか?
海外ではFidgetとしても知られるこの玩具、ボールベアリングの周りに点対称な重りがついている
シンプルな構造をしていますが、遊び方もいたってシンプルです。
「回す」それだけなのです。にもかかわらず世界中で注目されるのには理由があります。

一度回すといつまでもいつまでも想像以上に回り続けるのです。たったそれだけなのですが一度やってみると
その独特の快感にハマる人が続出、日本にも海を渡ってその波が来るほど人々を魅了し続けています。

しかしこのハンドスピナー、あまりに単純な構造のため類似品が大量に作られている現状があります。
ネット通販大手Amazon.comで検索をすると、初めて購入する人はどれを買っていいのか選びきれないほど多種多様な
ハンドスピナーが様々な業者から販売されており、その数は2000件を超えます。
値段も数百円のものから高いものでは二万円近いものまであるのです。

それぞれの違いとしては「ベアリングの精度」「重量」「デザイン」が挙げられます。
基本的に高いものほどベアリングの精度が高く回転中に傾けてもぶれずに滑らかに回転し続けるほか、
重量も重く回転を持続させる力が強いようです。
これに対して安くて重いものは傾けるとカタカタとぶれが生じたり、
軽いものは安定していても回転の持続力に乏しいという欠点があるようです。

とはいえデザインも金属的で格好いいものからカラフルでかわいいものまで多種多様なので、
単純にデザインの好き嫌いで選ぶ人も多いようです。
その種類の多さから「ハンドスピナーコレクター」も出現しています。

ハンドスピナーは現在、欧米をはじめ世界中でヨーヨーやコマのような手で遊ぶ玩具として楽しまれ、
またガムを噛んだりペンを回すように手持無沙汰解消に一役買っているのです。
中には禁煙のお供にする人までいるようです。
シンプルで多種多様なデザインによりコレクターを産んだハンドスピナーの人気はまだまだ続きそうです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


総合ランキング ベスト3