ハンドスピナー 回転音について

ハンドスピナーでほとんど知られていないマニアの領域。

それは、回転音です。

どのハンドスピナーを回しても同じような音が鳴るのではなく、
ハンドスピナーが作られている素材によって、音が大きく異なります。

代表的な素材での説明をしていきます。

代表的な素材は、

・プラスチック
・アルミニウム
・亜鉛合金
・銅

などがあります。

プラスチックの素材の場合は、あまり音は少なく、
比較的静かな音。僅かに羽が回っている音が聞こえます。

アルミニウムの素材の場合は、全く音はなく、
全く音が聞こえないものもあります(個体差あり)
ただ、ほとんど音はしないため、無音回転を楽しみたい場合は、
このアルミニウムは非常にオススメです。

亜鉛合金の素材の場合は、すごく鈍い「ブンブン」という音が聞こえます。
重厚感のある音で、素材も重みがあるため、男らしい力強い音が楽しめます。

銅の素材は、ほとんど商品として存在しないのですが、
ほとんど音はありませんが、重みからか亜鉛合金のような少し「ブンブン」のような音がします。
ただ、銅素材ということもあり、重量感と高品質な音を楽しむ場合には非常にオススメです。

このように素材によって、全く回転音が異なります。
実際に手にとってもらえばわかるかと思います。

ただ、この回転音ですが、この回転音があるからこそ、「落ち着く」。
という方もいらっしゃれば、アルミニウムのような全くの「無音」を聞いて、
手の上で何かが回っている、そのちょっとした指先だけの感覚を楽しみたい。

など、好みによっては分かれます。

当協会内では、「アルミニウム」が軽くて、音がほとんどしないため、
大人気シリーズとなっています。ほとんどの人が「プラスチック製」の素材や
亜鉛合金を持っていますが、実は隠れた人気者。

「アルミニウム」こそ、ハンドスピナーの魅力を最大限に楽しんで頂けるのではないでしょうか。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


総合ランキング ベスト3