ハンドスピナー 価格の違い

ハンドスピナーには、1000円くらいから20000円くらいまで
いろいろな価格帯のハンドスピナーが存在します。

この金額の違いについて説明していきましょう。

もちろん、デザイン性で価格が変動することもありますが、

キホ的には、ハンドスピナーに使われる素材によって、
金額が異なってくるケースがほとんどです。

比較的安く購入できるハンドスピナーの素材は、
「プラスチック製」のハンドスピナーです。
ハンドスピナーのスタンダード系が、プラスチック製となります。

■プラスチック製(価格:1000円~1980円)

他の素材だと、このような素材があります。
ここから先は、ほぼ同等価格帯で提供を行っている素材となります。

■アルミニウム素材(価格:2000円~3000円)

■亜鉛合金(価格:2000円~3000円)

■銅(どう)(価格:10,000円以上)

などいろいろなシリーズがあります。
他にも特殊な素材で作られているケースもありますが、
ほとんどは、上記で紹介した素材で作られています。

中でも、当協会で扱っている銅シリーズは、1つ1万円以上で
市場に出回っている超高級なハンドスピナーとなります。

回転数と価格は、比例はすることなく、
ハンドスピナーを手に取った時の重みに大きな違いあります。
また、亜鉛合金に関しては、作りの設計上、

ハンドスピナーにブレが生じることも多く、
当たりハズレ・・・が行ったりすることもしばしば・・・。
ただ、金属音に近い音をお楽しみたい場合は、
亜鉛合金素材のハンドスピナーは非常にオススメです。

当協会が研究した結果、万人受けする素材は、
手に取りやすい価格帯でもある「プラスチック製」と、
軽さと安定感が自慢の「アルミニウム素材」。

当協会のスタッフの中での一番人気は、
断然、アルミニウム素材となります。

アルミニウム素材の特徴として、

・軽い
・持ち運びやすい
・回しやすい
・回転が安定
・軸がぶれない
・平均して3分以上回る
・指乗せスピナーには、もってこい

など、すべての面でニーズを目指してくれる素材となります。
価格帯だけでハンドスピナーを判断するのではなく、素材で、
ハンドスピナーを選べるようになると、あなたも玄人かも?

まずは、あなたにピッタリの好きな素材のハンドスピナーを見つけてみましょう!


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


総合ランキング ベスト3