ハンドスピナーは本当に認知症に効果があるの?

こんにちは。今日は、巷で噂されている「ハンドスピナーは認知症にも効果があるのか」ということについて考えてみたいと思います。

さて、そもそも認知症とはどういうものなのでしょうか。実は認知症は、もともと学術用語では「痴呆」という言葉で呼ばれていました。しかし痴呆という言葉は人を蔑むような言葉に聞こえてしまいます。このことから「痴呆は恥ずかしい病気だ」との認識が世間一般に植え付けられてしまい発見を遅らせてしまうのではないかと考えられ、行政用語が「認知症」と改められました。学術用語では痴呆という言葉がしばらく使用されていましたが、マスコミが頻繁に取り上げることから一般に広く認知されるようになり、現在では日本医師会が認知症という呼び名に統一するよう呼びかけています。

認知症というと老人の物忘れという風に捉えてしまう方がいらっしゃいますが、物忘れと認知症は全くの別物であり、認知症は歴然とした病気なのです。一度獲得した知識や知能、適応性などが失われてしまったり、異常に低下してしまった状態を認知症と呼びます。物忘れは日常生活に支障をきたさない程度のもので済みますが、認知症となると日常生活にも支障をきたすので大変です。

私なりに認知症の改善や予防の方法について調べてみましたが、それにはパズルや計算、他人とのコミュニケーションなど脳の運動が必要不可欠なようです。このことから考えると、手で回転させてハンドスピナーを見つめているだけでは認知症に効果はないように思えます。あくまで、個人の見解です。

ハンドスピナーの流行に乗じて、ネット通販などでは粗悪品が出回っている現状があります。学術的な根拠が示されていないにもかかわらず、「認知症予防に効果がある」などと過剰な程に宣伝しているサイトは疑ってかかった方が良いでしょう。仮に認知症に効果がないとしても、ハンドスピナーが大ブレイクしていることは疑いようのない事実です。楽しく遊べば良いのです。当サイトで扱うハンドスピナーは間違いのない高品質のものばかりですから、安心してハンドスピナーを楽しみましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


総合ランキング ベスト3