ハンドスピナーの素材の種類

ハンドスピナーで使われる素材の種類について説明します。
様々なハンドスピナーが存在しますが、よく使われている素材は、

「プラスチック」
「アルミニウム」
「亜鉛合金」
「銅」

になります。

他にも、少し重い鉄製の素材のものなどもありますが、
ほとんどが上記で紹介した素材で作られてます。

では、よく使われる素材について画像での説明をします。

■プラスチック

■アルミニウム素材

■亜鉛合金

■銅(どう)

どうでしょうか?

ハンドスピナーは、ハンドスピナーだと思っている人。間違いです。
ハンドスピナーには、素材に種類がああります。。

その素材によって、回転数、回転音が異なってくるので、
ハンドスピナー上級者になってくると気分によって、素材を変え、
ハンドスピナーを楽しむ人もいます。

全く同じ見た目のハンドスピナーでも、
素材によって、金額が異なりますので、

もしお気に入りのデザインのハンドスピナーを見つけた場合は、
その素材が何なのか?をチェックしておくことが重要です。

余談ですが、当協会の中で一番人気の素材は、

「アルミニウム」です。

理由は、

「回転数が多い」
「回転音が少ない(ほぼ無音)」
「安定感が半端ない」
「回っているのを見るだけで癒される」
「アルミ素材で軽いため持ち運びやすい」
「軽いので回している指が疲れない」

などなどの理由からダントツの一番人気です。

ほとんどのハンドスピナー初心者の人は、
アルミニウム素材のハンドスピナーが総合点が高いということを知りません。

ハンドスピナー初心者の人であればあるほど、是非、
当協会がオススメする素材のアルミニウムのハンドスピナーを回してみてください。

他のハンドスピナーを回すことができなくなるくらい、
「わぁ・・・安心するわ・・・」こんな感覚を持って頂けるはずです。

ハンドスピナーについて、わからないことがあれば、
どんな些細な事でも、当協会までご質問・ご相談下さいませ。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


総合ランキング ベスト3